MENU

フリーローンの金利を他と比較すると?

消費者金融を利用していると、利用限度額の増額を希望している方も多いはずです。しかし、総量規制という法律の規定により、個人の借入総額が限定されてしまってから、この限度額の増額は非常に厳しいものになってしまいました。

 

現在の利用限度額というのは、この総量規制に基づき、申し込み当初の年収と、借入履歴や現在の借入金額の状況などについてを調査し、決定されています。それを増額するということは、貸す側からすれば、さらに多くのお金を貸すということになるので、審査も当然慎重になるわけです。

 

ですから、この増額審査に通過することは容易ではありませんし、最初の申し込み時の審査よりもさらに厳しくなる覚悟で、臨まなければなりません。なぜなら、最悪の場合には、利用限度額の減額をされてしまうかもしれないからです。

 

でも、どうしても、もっとお金を借りなければならない、そんな方もいらっしゃるでしょう。
でしたら、他社からの借入の方が、まだリスクは少ないかもしれません。一つの会社で増額を申し込んで、減額措置なんてことになってしまうよりは、他社に新規で申し込みをした方が良いのではないでしょうか。しかし、他社への新規の申し込みを行うとしても、総量規制対象内の、消費者金融などでダメです。

 

そこでお勧めなのが、銀行のカードローンやフリーローンなどです。これらは、もちろん総量規制対象外。また銀行からの借入なので、金利についても、他の消費者金融などと比較すると、低めになっているので、利用しやすいでしょう。
詳細:銀行お金の借り方

フリーローンとカードローンの違い

総量規制の法律により、「個人の借入総額は年収の3分の1に収めなければならない」となってから、再度注目されているのが、銀行のローンです。なぜなら、銀行のローンは全て、総量規制の対象にはならないため、高額な融資を受けることも可能だからです。

 

そして、その中でも、最近人気なのが、使用用途に特に指定がなく、融資金を自由に利用することのできる、フリーローンやカードローンです。
みなさんは、この、フリーローンとカードローンの違いについては、ご存知でしょうか?
双方とも、用途に限定がないのは、同じですが、大きく違うところがあります。それは融資金の受け取り方にあります。
フリーローンの場合には、融資金は銀行口座での受け取りになります。契約時に決定された融資金を全額、一括で、指定口座に振り込まれます。そして、融資はこれきりとなり、返済し続けても、また融資金が振り込まれるようなシステムはありません。一度融資を受けたら、後は完済に向かって、返済していくだけです。

 

しかし、カードローンの場合は、決められた利用限度額の中で、自分の好きな金額を、最寄りのATMから引き出すシステムになっています。限度額いっぱいまで借りるかどうかは自分で選択ができるし、もし利用限度額がいっぱいになっても、また返済を繰り返せば、その分の限度額は元に戻ることになります。が、それを繰り返してくと完済が難しくなってしまいます。

 

このように二つのローンには違いがあります。どちらが自分にあっているかで、利用したいローンを決めてはいかがでしょうか。

消費者金融と学生ローンの違い

学生がキャッシングをしたいというとき、申込先として学生ローンがあります。また消費者金融でも学生に対して融資をおこなっていますが、学生ローンと多少の違いがあり、申込方法や審査内容に違いがあります。

 

学生ローンは学生を対象にしたローンで、大学生、短大生、専門学校生などが顧客対象になり、未成年であっても利用できます。
一般消費者金融の申込条件は、年齢が20歳以上で安定した収入が有ることが条件になるので未成年の学生は利用できません。
学生ローンに必要な書類は学生証がかならず必要になり、さらに運転免許証や健康保険証があれば借りやすくなるようです。

 

 

学生ローンも一般消費者金融でも融資を受けるために審査がおこなわれ、審査で返済能力が有るかどうかの審査があります。
借りたお金を返済するという責任においては社会人も学生も関係がないということで、収入がなければ審査に通るのはむつかしくなります。

 

学生ローンも消費者金融どちらも貸金業法の対象になるので、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているので、年収が多ければ多いほど融資限度額が多くなりますが、どちらも初回契約時は少額での融資になります。
初回契約時に借りたお金を一定期間、問題なく返済を続けていればやがて増額してもらえることもあります。

 

未成年の学生がキャッシングをする方法として、学生ローンや消費者金融以外にクレジットカードのキャッシング枠でキャッシングができますが、未成年の場合は親の同意を得ることが条件になります。